効果的なfaxのdmによるクレームの対応とは

法人を対象に効率良く宣伝活動ができるfaxのdmですが、クレームも少なからず発生します。まず避けるべきこととして、枚数の多い送信はしないことが挙げられます。相手企業に対して用紙代やトナー料金の負担をかけるからです。また、あらかじめ配信停止の申し込み欄を設けておくことで、苦情は避けることができます。ただし一度そのような配信停止を受けた番号に対してはきちんと管理する必要があります。部署や担当者が変わることで再度配信することになれば、トラブルを発生することにもつながるからです。そのためには配信代行業者に依頼して、配信リストを管理してもらうのもひとつの手段となります。また時間帯によっては都合が悪い企業もあるので、時間を指定して送信するように設定することも大切です。

手軽に送信できる宣伝ツールの利点について

手軽に送信できるツールとして利用されるfaxのdm配信はクレームも伴いますが、様々なメリットを持っています。まず新規顧客の見込み客を作るために利用できます。一般的には電話営業や飛び込み営業などがありますが、こちらはファックスを送るだけで済みます。さらに大量に送信できるので、人件費もかかりません。またチラシのように印刷する手間もコストもかからずに、原稿さえ用意しておけばすぐに発信できます。その原稿も専門業者に頼めば、宣伝効果の高いデザインでレイアウトすることが可能です。モノクロというインパクトに欠ける媒体であることから、効果的に宣伝するためにはデザイン作成にはコツが必要となります。多くのノウハウを持つ配信業者に依頼することで、同じコストでも高い成果が期待できます。

効果的に購買につなげるポイントについて

簡単に配信できるからこそ、faxのdmはクレームには注意が必要です。そしてうまく活用することで効果的に購買につなげることが可能です。まず紹介する商品やサービスによって、それを必要とする職種は異なります。どんな企業へ送れば効果が高いのかを調べることが大切です。また規模の大きな会社よりも中小企業の方が決定権者の目に触れやすくなります。また苦情も発生しにくいので、その対応に時間を取られることもありません。さらに顧客に対してのお礼状としても利用すれば、さらなる購買につなげる可能性も高まります。もちろん、企業ごとにファックス受信に関しては要望もあるので、それぞれに対してしっかりと管理することが大事です。専門業者に依頼することで、そのような管理も行なってもらうことができます。