役立つfaxのdmのクレーム対応と顧客確保のコツ

新規の法人客を増やせるfaxのdm配信には、クレームも少なくありません。番号リストの管理がきちんと行われないと、苦情につながる恐れがあります。そのために専門の配信業者に依頼すれば、効率良く情報配信を行うと共に苦情への対応も行なってくれます。専門業者では送信する法人の名簿などが豊富に揃っているので、提供する製品やサービスの需要が見込める業種などに絞り込んでファックスを発信することができます。その結果、他のダイレクトメールなどと異なり、高い成約率が望めるわけです。開封率という面から見ても、ほぼ100%の相手が送ったファックスに目を通しています。その結果、必要とするものがあればそこからダイレクトに注文することができることになるので手間がかかりません。

効率的な活用方法について知っておきたいこと

ダイレクトメールは送料が送り主負担となり、受ける側には何の出費もありません。けれどもファックス用紙を使うことになるfaxのdmは、あまりに大量に送信するとクレームにつながります。それを踏まえて送る量を制限し、効率良く宣伝する必要があります。まずすでに自社を利用した相手であれば、定期的に情報配信をすることでリピーターとして確保できるようになります。あるいは新規の顧客開拓を行い、送信したファックスでそのまま注文してもらう形で成約率を高めることが可能です。いずれにしても全てを自分で行おうとするのではなく、専門業者を利用することで効率的に宣伝活動ができます。送信する顧客の管理やこれまでの経緯の履歴などをしっかりと残すことで、苦情を受けることも避けられます。

工夫したいファックスによる宣伝活動

手軽に利用できるfaxのdm活動は、クレーム対応をきちんと行うことで人件費のコストを抑えた営業活動ができます。これまでコールセンターなどでテレアポを行なっていたならば、このファックスによる情報提供を利用することで興味を持つ人をピックアップすることができます。さらに需要が見込める業種に絞り込んで配信することで、費用対効果を大幅に高めることも可能です。そのような配信サービスを行う業者には、多くのノウハウが蓄積されています。どのようなデザインにすれば見やすいのか、あるいは訴求力があるのかを把握しているものです。また伝えるべき情報をいかに選別するか、どのようにメリットを伝えるのかも熟知しています。そのようなノウハウを利用することで、売り上げの増加を望めるわけです。